軽架線システムに対応した次世代搬器です

下の写真に見られるように、下げ荷(谷方向への運搬)の場面においては、地面から浮かせて運びやすくすることは荷の暴走(滑落)を起こす危険が伴います。しかし下げ荷のニーズは、道が少ない日本の山林に普通に見られるものです。

 

 

 

動力1つで運用される軽架線システムは、これまで下げ荷の危険に対してなすすべがありませんでした。軽架線システムは重力に拮抗する力を仕持たない仕組みだからです。最近普及してきたスイングヤーダ(高性能林業機械の1つ)は2つの動力を拮抗させる仕組みを使って解決しました。他方、HANAKOは動力を増やさず、別の仕組みを使って解決しました。HANAKOは軽架線システムの可能性を広げる次世代搬器です。

 

■ 規模を追わず、安全・確実な仕事を望まれる方々へ

搬器にHANAKOを使った軽架線システムは、動力が1つで足りますので、設備費用を大きく削減することができます。

この軽架線システムは小運搬でも丁寧な仕事が求められる現場に適しています。寄りつきの悪い場所での危険木・風倒木の除去集材路が狭く限定される山林での搬出に活用いただけます。里山・公園、境内、家屋を控えた場所などでの樹木・資材の運搬にもお使いいただけます。

大規模な集材業務には適していません。大型重機を持たない方でも安全に確実に荷を運搬できるように開発した搬器です。大型重機を入れられない場所で力を発揮します。

 

 

■ 斜面でも止まり、荷の昇降・移動ができる天井クレーン

HANAKOの運動性能は天井クレーンに似て、荷の昇降・移動の2つの運動を1つの動力で実現します。独自の制動機能を備えているため、搬器を停止させての横取りが可能になる他、下げ荷につきまとう荷の滑落・暴走が阻止されます。また空搬器が停止するため、荷掛け作業の手数・人数を減らすことができます。

 

 

 

1つの動力で2つの運動を制御できる搬器

 

軽架線システムにおいて、搬器(はんき)は荷の運動制御を担う、重要な構成要素です。

次世代搬器HANAKOは、荷重を利用した独自の制動機能を備え、1つの動力で2つの運動を実現しています。軽架線システムのままで、任意の場所で荷を昇降(横取り含む)させ、目的地まで移動させることができるようになりました。

 

(参考)スイングヤーダ(軽架線システムではありません)は、搬器に運動制御を担わせず、2つの動力を制御して実現しています。

✔ 下げ荷も上げ荷も安全に行えます

あらゆる傾斜に対応。水平運搬にも対応。

制動機能を持っているので、単引きの宙吊り・下げ荷においても荷の暴走を抑制。

 

✔ 単引きで横取りができます

固定索(主索)と動索(作業索)の2本だけなので、索張りが単純。

独自の制動機能により固定索の任意の地点で停止させて横取りします。つまり進入角度は指定可能です。

 

✔ 端(はな)上げ・宙吊りの運搬ができます

障害物を乗り越えて運搬します。

地面から離れても制動が働くので荷が暴走・滑落しません。

宙吊りになっても下ろしたい場所で下ろすことができます。

 

✔ 空搬器が停止します

空搬器を固定索上の任意の位置で停止できるため、傾斜地において繋ぎ止める必要がありません。

そのため空搬器移動と荷掛けを1人で行うことができます。

 

✔ 軽量で設置が簡単です

単引きのため、索張りは固定索と動索の2本だけです。

また搬器が軽いため、人手だけで搬器を設置することができます。

 

✔ 【メンテナンス】制動部品の交換が必要です

使うごとに制動部品が消耗していきます。

この制動部品が安全をもたらしてくれています。

 

固定索:元柱と先柱をつなぎ、レールのように搬器を支持するロープ。

動索:動力から搬器を介して荷につながれ、動力を伝えるロープ。

HANAKO 300 / HANAKO Mini の大きな違いは

 

動作原理は同じですが、HANAKO 300とHANAKO Miniとでは使用荷重が異なります。

動力の持ち方も違うため、設置負担が異なります。

 

 HANAKO 300

リーフレット(PDF)はこちら

HANAKO Mini
 使用荷重

 150kgf(1500N )

小規模の運搬に向いています

50kgf(500N )

ごく小規模の運搬に向いています

動力
  • 単引きで動力(1つ)を使います。
  • 倍力を使わないので、動索長を節約でき、荷掛け作業の負担も少ない。
  • 単引きですが、動力の設置は必須ではありません。
  • 【5倍力まで標準装備】倍力を使っての人力運搬が可能。
設置負担 索張り・動力の設置を含めて半日~1日を要します。 索張り・動力の設置を含めて1~2時間程度を要します。 

各製品の詳細な仕様は、仕様と価格ページにてご確認ください。

また詳細な比較は、比較表ページにてご確認ください。

HANAKOの設置・動作 サンプル動画

HANAKO 300 による下げ荷集材

弊社試験林(斜度20度)での下げ荷の試験の映像です。途中の様子をズームおよび倍速で再生しています。

HANAKO Mini の設置と使用方法

HANAKO Miniの導入のための紹介動画です。

架線の設置 → HANAKO Miniの設置 → 操作方法 → 機材一覧 の順にご説明します。


【HANAKOの動作としくみ】

 

HANAKOはこれまでの軽架線用の搬器の動きと全く異なります。

荷重を使った制動機能により、1つの動力を昇降と移動の2つの運動に切り替え、あたかも天井クレーンのような働きをします。

天井クレーンの機能を、架線に乗せて傾斜がある露天(屋外)で実現したのがHANAKOです。

下げ荷(山側で伐った材を道まで下ろす)に使うことができます

HANAKO 300の図で説明します。HANAKO Miniも共通です。

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • 荷の横取り・昇降・移動を単引き(動力1つ)で安全に行います。
  • 端(はな)上げによる地引き、宙吊りの運搬ができます。
  • 荷が地面から離れても制動がきくため、下げ荷につきまとう荷の暴走・滑落がありません。

上げ荷(谷側で伐った材を道まで引き上げる)に使うことができます

HANAKO 300の図で説明します。HANAKO Miniも共通です。

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • 荷の横取り・昇降・移動を単引き(動力1つ)で安全に行います。
  • 倍力の仕組み(動滑車)を使わなくても、端(はな)上げによる地引き、宙吊りの運搬ができます。障害物を乗り越えて運搬できます。

 上げ荷、下げ荷の動画はこちら

集材路を狭く限定し、幅広く横取りできます

HANAKO 300の図で説明します。HANAKO Miniも共通です。

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • HANAKOは横取りが済むまで固定索上に留まりますので、横取りの進入角度を指定できます。
  • 固定索を高く上げることで横取りの幅を広くとることができます(下げ荷、上げ荷で共通)。

HANAKOの名前とアイコンは象から

HANAKO(ハナコ)の名前は、姿が象の頭部に似ていることに由来します。

アイコンもそれに模して作られました。

 

 

象にとって鼻は大事な部分なように、HANAKOにとってもハナは動作をコントロールする大事な部分です。

動作のしくみと特許

HANAKO 300の図で説明します。HANAKO Miniも共通です。

HANAKOは動力1つで、2つの運動=「荷の昇降」と「搬器の移動」を切り替えられるよう、制動を制御するしくみを備えています。

制動力は荷重から生まれ、制動のオン・オフは荷の位置で制御されています。

 

この制御を実現するために電気や油圧を使っていません。手動や遠隔からの制御も行っていません。

それ自体で機械的に動作していますので、しくみを知っていただければ応用を広げていくことができます。

 

このしくみは弊社が特許を取得しています。 

無断でHANAKOを複製したり同じしくみを使って製品を作ることは権利侵害となりますのでご注意ください。

 

 


ご案内資料