HANAKOの使い方

HANAKOは軽架線用の搬器です。

ここでは設置から集材までの流れを説明をします。

架線を設置する

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • HANAKO設置は足場の良い場所を選び、固定索を地面まで下ろすか、胸の高さまでの間になるようにして行います。
  • HANAKOを使った架線集材に必要な機材についてはこちらを参考にしてください。
    「架線集材に必要な機材(pdf資料)」

(用語)

固定索:元柱と先柱をつなぎ、HANAKO本体を支持するロープ。

動索:集材機ドラムとフック(荷)をつなぎ、HANAKOを介して荷を移動するロープ。

 


 

以下、HANAKOの特徴の1つ、

制動のしくみで係留するため1人作業ができることもご確認ください。

HANAKOを取り付ける

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • HANAKOのカバーを外してロープを通し、付属の制動部、クリップ、フックなどを取り付けます。
  • 工具は、M12(二面幅19mm)とM8(二面幅13mm)のレンチを使います。 
  • アイボルトには空搬器移動用のロープを取り付けます。
  • 玉掛け用ワイヤーロープは作業前につけておきます。

 


以下の挿絵は全て下げ荷の場合を描いていますが、上げ荷の場合も同じ動きをします。

 

 

空搬器移動(荷の地点に移動する)

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • 動索がフリーの状態になっていることを確認します(フリー=集材機のドラムが手回しできる状態)。
  • 搬器移動用のロープを引っ張って、荷の地点までHANAKOを移動します。
  • 移動をやめてもHANAKOは滑落しません(フック等の重みが効いて軽く制動がかかるため)。
  • 空搬器移動は動力を使って行うことも可能です。

 


荷を掛ける

  • 荷を掛けます。
  • 荷を掛ける間もHANAKOは滑落しません(フック等の重みが効いて軽く制動がかかるため)。
  • HANAKOの耐荷重は300kgです。ロープ強度も踏まえ、荷の質量は一度に300kgまでに留めてください。

 

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • 集材しやすい荷は、HANAKOの真下から一定の範囲内(円形=HANAKOの前後・左右)にあるものです。
  • 切り株などの障害物があっても、HANAKOが係留するため荷の端(はな)を上げ、摩擦を減らして牽引することができます。

 


動索を牽引する(横取り)

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • ウインチ(集材機)を動かし、動索を牽引します。
  • 動索のたるみが取れたあと、荷が動き始めます。この間、HANAKOには荷重に比例して強い制動がかかっているので、固定索上に留まります(係留状態)。
  • HANAKOが固定索上を動かないので、横取りの進入角度は一定です。

 


動索を牽引する(固定索上の移動)

軽架線,搬器,制動,横取り,端上げ,宙づり,係留
  • 荷は、クリップがハナを押し上げるまで、HANAKOに近づきます。
  • その後、HANAKOは荷の高さ(端上げないしは宙づり)を保ったまま元側に向かって移動していきます。
  • HANAKOは制動オン・オフを繰り返しながら移動していきます。

 


牽引を中断する・停止する

  • 何か問題に気づいたらウインチ(集材機)の運転を中断します。動索の動きが止まっても緊張状態(フリーではない)であれば、荷の姿勢が保持されます。
  • 運転を再開すれば、荷は同じ姿勢から動き始めます。

 


荷を下ろす

 

  • 目的地に来たらウインチを逆転させます。
  • あるいはウインチの運転を止めます。動索の動きが止まっても緊張状態(フリーではない)であれば、荷の姿勢が保持されます。

 

 

 

  • ウインチを逆転させれば、荷はゆっくり等速で降下します。
  • ウインチを停止し、ブレーキをかけながら弛めれば、荷は降下します。
  • いずれの場合も、荷はHANAKOの真下に降下します。

 

 

 

  • 荷が着地しても弱い制動が働くためHANAKOは動きません。

 

 

 

  • 最後に荷を外します。これで一連の集材の流れは完了です。
  • 荷を外してもHANAKOは固定索上にやんわり静止します(フック等の重みが効いて軽く制動がかかるため)。

 

 

以上、下げ荷の場合の挿絵で説明しましたが、上げ荷の場合もHANAKOは同様の動きをします。

 


HANAKOの仕様はこちら