製品HANAKO 300に含まれるもの

  • HANAKO本体
  • 専用クリップ
  • 制動部 3セット (消耗品)
  • フック(ラッチ付き)

玉掛け用ワイヤーロープやシャックルは含まれていません。

設置に必要な工具(M12、M8のレンチ)は含まれていません。

 

 

軽架線がはじめてという方は、HANAKO以外に様々な機材が必要になります。

よろしければ「軽架線に必要な機材」を参考に機材をご準備ください。

仕様

 使用荷重  300kgf(3000N )
材質 スチール
 質量

本体:15.5kg

専用クリップ:1.1kg

(総質量:約17kg)

サイズ

本体:680mm × 460mm × 110mm

固定索シーブ径:Φ75mm

※使用荷重は、固定索Φ10ミリワイヤーロープ、動索Φ6ミリワイヤーロープ、および安全係数6を踏まえた数値です。ロープ径、ロープ材質によって異なりますのでご注意ください。

 

(参考)耐荷重を超えない木のサイズ

HANAKO 300で運べる木のサイズは以下の通りです。

 

全木の生木(伐倒直後の枝葉のついた木)

  • 胸高直径20cmまでのもの。
  • 針葉樹より広葉樹のほうが重くなる傾向にあります。
  • 全木で集材するときは、枝葉が切り株などに掛かって重量以上の張力が働くことがありますので注意してください。

 

短幹の生木(伐倒直後の造材した木)

  • 2m材では、末口39cmまでのもの
  • 3m材では、末口32cmまでのもの
  • 4m材では、末口28cmまでのもの
  • 木の質量は含水率によって大きく変化します。伐倒直後が一番重く、乾燥後の木(葉枯しした木など)はこれより軽くなります。
  • HANAKOの使用荷重はロープ強度を保証するものではありません。後述の「使用可能なロープ」を参考に、十分なロープ強度を確保してお使いください。
  • HANAKOは木材運搬のための搬器です。運搬時には、制動の働きのために振動が発生し、それが荷に伝わります。精密機械や食品など、振動によって傷むものの運搬には適しません。
  • 仕様から外れた使い方、不適切な設置方法による使い方によって生じた損傷は保証の対象外になることがあります。

 

使用可能なロープ

HANAKOの構造上、使えるロープが限定されます。

 

固定索

Φ8mm~10mm(推奨9mmまたは10mm)のワイヤーロープが使えます。

【禁止】繊維ロープは使うことができません。

 

(参考)ワイヤーロープ径Φは荷重を踏まえて選んで下さい。

 

  • Φ8mm 荷重230kgf(2300N)まで
  • Φ9mm 荷重300kgf(3000N)まで
  • Φ10mm 荷重370kgf(3700N)まで

 

※最大張力係数(索の中央部での最大負荷)=5.0、破断強度に対する安全係数=2.7として計算。概算のため、強度を保証するものではありません。

※運用においては、HANAKOの使用荷重(300kgf)を超えないようにしてください。

 

動索

Φ6mmまでのワイヤーロープまたはΦ9ミリまでの繊維ロープが使えます。

 

(参考)ワイヤーロープ径Φは荷重を踏まえて選んで下さい。

 

  • Φ4mm 荷重130kgf(1300N)まで
  • Φ5mm 荷重200kgf(2000N)まで
  • Φ6mm 荷重300kgf(3000N)まで

 

※破断強度に対する安全係数=6.0として計算。概算のため、強度を保証するものではありません。 

※繊維ロープは材質により強度が大きく異なりますので、検討の上お使いください。 

※運用においては、HANAKOの使用荷重(300kgf)を超えないようにしてください。 

 

 

ワイヤーロープの破断強度は概算式(=直径Φ×直径Φ/20 × 1000 [kgf]) により概算していますので参考にとどめ、お手持ちのワイヤーロープの正確な強度はロープメーカーにご確認下さい。

 

固定索:元柱と先柱をつなぎ、HANAKO本体を支持するロープ。

動索:集材機ドラムとフック(荷)をつなぎ、HANAKOを介して荷を移動するロープ。

 

HANAKOに可能なことと制限事項

HANAKOには可能なことと制限事項がございます。ご購入の前に、どうか制限事項をご了承ください。

 

適用 適否 制限事項
下げ荷による集材   
上げ荷による集材  
水平方向の運搬  
横取り 固定索の高さや張力によって範囲が変わります。
宙づりの運搬

川や谷を渡す運搬も可能です。

ただし宙づり運搬をするには、林業架線作業主任者の資格が必要になります。

トラックへの直接積載 HANAKOは宙づりにした荷を真下に下ろすことができます。ただし着地した荷に対しては制動力を失いますので、注意して行ってください。
運搬中の荷の高さの変更 動索を牽引している最中は変えられませんが、いったん下ろして専用クリップの取付位置を変更すれば変えることができます。荷の高さが専用クリップの取付位置で決まります。
木材以外の運搬 耐荷重の制限を超えなければ運ぶことができます。ただし運搬中に制動力が働く関係で振動が発生しますので、農作物や精密機械など振動によって傷みやすい荷には不向きと思われます。
双方向の運搬 × HANAKOには設置の方向がありますので、運搬方向ごとに設置しなおす必要があります。また動索を張り直す(あるいは上りと下りの2本用意する)必要があります。

繋いだロープの使用

固定索には使用できません。継ぎ目で太くなった部分がHANAKO内部の通過の妨げになり本来の制動機能が失われます。

動索には部分的に使用可能です。HANAKOと集材機の間に限り継ぎ目が問題になりません。

繊維ロープの使用

固定索には使用できません。制動部が金属のため、繊維ロープを傷めてしまいます。

動索には使用できます。

詳細は「仕様/使用可能なロープ」をご覧下さい。

中間サポートの設置

×

運搬距離が長いときに使用する中間サポートは使えません。HANAKOは固定索を本体とカバーで包む構造になっているため、中間サポートを通過することができません。

スイングヤーダへの応用

×

スイングヤーダは動作原理が異なりますので、HANAKOを搬器として使うことはできません。ただし、スイングヤーダを単胴ウインチとして使う分には問題ございません。ただし動力がHANAKO耐荷重に比べてきわめて大きいので気をつけて使用ください。


ご購入について

HANAKO 300は日本国内のお客様のみに販売しています。

安全にご利用いただくため実地指導が必須となりますことをどうかご了承ください。

 

ご注文やご購入のご相談はお問合せフォームにて承っております。