軽架線の危険を減らす次世代搬器

 

下げ荷(谷方向への運搬)は、道が少ない日本の山林では必然です。しかし下げ荷は牽引方向が重力方向と同じになるため、地面から浮かせて運ぶことことは荷の滑落につながる危険があります。

 

 

動力1つで運用される軽架線システムは、これまで下げ荷の危険に対してなすすべがありませんでした。軽架線システムは重力に拮抗する力を仕持たない仕組みだからです。最近普及してきたスイングヤーダ(高性能林業機械の1つ)は2つの動力を拮抗させる仕組みを使って解決しています。他方、HANAKOは動力を増やさず制動の仕組みを使って解決し、軽架線の範囲でできる仕事を増やしました。

 

HANAKO 300,軽架線,搬器

 

HANAKOは軽架線の構成を変えずに、荷の運動制御の要になる技術を革新しました。革新のポイントは、動力1つで横取り・昇降・移動の複数の運動を可能にしたことです。

 

HANAKOの動きは天井クレーンにたとえられます。搬器を停留させて荷掛け・荷外し・横取りができ、端上げ地引運搬または空中運搬をこなします。また下げ荷の場面においては牽引方向と重力方向が重なるため滑落事故が起きがちですが、荷が飛び出した瞬間に制動力を働かせ滑落を阻止します。

 

これらの性質はいずれもHANAKOが内蔵する制動機能に基づいています。電気や油圧を使わず機械的に行っていますので、仕組みも設置も単純です。高性能林業機械であるスイングヤーダのように複数動力を制御するしくみを持ちませんので、設備・メンテナンス費用を大きく抑えることができます。

 

 

■ 安全・確実な仕事を望まれる方へ

HANAKOは動力1つで下げ荷・上げ荷のいずれをも安全・確実に実現する搬器です。

HANAKOは小運搬でも丁寧な仕事が求められる現場に適しています。寄りつきの悪い場所での危険木・風倒木の除去、集材路が狭く限定される山林での樹木・資材の搬出に活用いただいています。里山・自然公園、境内、家屋を控えた場所などでの運搬作業でもお使いいただいています。

 

反対に、規模が求められる集材業務(林業など)には適していません。HANAKOは大型重機を持たない方でも安全に確実に荷を運搬できるように開発した搬器です。軽トラックしか寄りつけないような場所で力を発揮します。

 

 

■ 斜面で止まる屋外型の天井クレーンとして

HANAKOは空搬器が自動で停止するため、荷掛け作業の負担が軽減されます。停止させたまま横取り・昇降が可能です。そして一定の高さで移動(架線をたどる移動)を果たします。運動性能は天井クレーンに似ています。必要な動力は1つだけなので、設置がとても簡単です。

 

 

【重要なお知らせ】

HANAKOラインナップは、このたびHANAKO 300・HANAKO Miniの生産を中止し、HANAKO 300の後継機であるHANAKO A2に絞りました。後継機HANAKO A2はHANAKO 300の構造を大きく見直したため大幅に軽量化され、機能・性能ともに増強されました。旧機種の生産中止はHANAKO A2がいずれの旧機種よりも長所が上回るための措置ととしてどうかご了承ください。なお旧機種の消耗品は継続して提供いたします。

 

 

 

▶ HANAKO A2ご案内のリーフレット(PDF)はこちら。

▶ 軽架線のガイド(PDF)はこちら。

 

 

 

- <    >次(特長)へ

 

 

 

HANAKO 300